PATRUS

消費者共創型商品開発プラットフォーム

PATRUS -パトラス- とは「特許技術」「消費者」「企業」を結ぶ
「消費者共創型の商品開発プラットフォーム」です。

活用に困った特許技術を、
国内外の消費者コミュニティ「ディグラー」によって商品企画を行い、
製造・販売したい国内外の企業とマッチングを行います。

PATRUSのサービス

特許技術を使った商品企画から、製造・販売したい国内外企業へのライセンシングサポートまで、
PATRUSは一気通貫で行います。

PATRUSの仕組み
  1. 消費者による商品企画

    国内外の消費者コミュニティ『ディグラー』が、多種多様な視点から特許技術を日常の課題を解決する商品企画に落とし込みます。

  2. 商品化の提案

    ディグラーによって生まれた商品企画を、国内外のメーカーへ提案を行い、最終製品化をサポートします。

  3. ライセンス契約
    サポート

    最終製品化・販売される商品のライセンス契約サポートを行います。

  4. 商品製造の
    委託先紹介

    ライセンシーに対して商品製造や一部製造過程の委託先紹介を行います。

  5. 消費者ニーズの
    データベース

    PATRUSがあつめた、消費者の『こんなものがあったらいいのに』データベースを使い、商品企画を行うことができます。

PATRUSのポイント

PATRUSのポイント
新たな可能性の発掘
新商品開発によって、特許の新たな活用法を見出します。既に商品化された特許は、リブランドをし新たな可能性を見出します。
消費者起点の商品企画
ディグラーとの共創によって、企業側には無かった視点から特許技術の活用法を見出し、商品化することが可能です。
ライセンシングまで一貫してサポート
商品開発からライセンス契約まで「PATRUS」が一気通貫でサポートします。

PATRUS設立の背景

特許の半数は”休眠特許”

現在、日本の特許の約半数は”休眠特許”(活用されていない特許)と言われており、特許技術の活用に関して課題を抱えています。
中小企業は自社での商品企画・販売を苦手とすることが多く、特許を使った商品開発をするには最終製品を製造するメーカーとの協業が必要です。

消費者と共に

特許を持つ企業とメーカー企業のマッチングの場ありますが、「特許技術をどのように日常生活で活用するか」という消費者の視点が欠けています。2者の共創はなかなか生まれていません。

そこで私たちは、特許技術を使った商品企画を消費者と共に行い、商品企画を最終製品を作るメーカー企業へ提案する枠組み「PATRUS」をつくりました。

特許の力を信じて

Patent+Trust=「PATRUS -パトラス-」というサービス名は “特許の力を信じてものづくりをする” という私たちの強い思いから名付けられました。

PATRUSのネットワーク

PATRUSのネットワーク

全国100特許事務所と
全国5000社の中小企業ネットワークでフルサポート

弊社は特許出願ラボをはじめ、他事業との連携で独自のネットワークを築いています。
特許の取得はもちろん、提携企業から集まった消費者データをフル活用し、PATRUSでの革新的な商品開発を可能にしています。